FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性別交換夫婦 「短編集」

どういうわけか自分の妻と身体が入れ替わってしまった。

僕は自分の妻にお願いされるまま、従順な妻を演じることにした。

僕の身体になった妻は家に帰ってくるなり、妻の身体になった僕を求めてきた。
さすが元自分の身体だ。
僕は変に納得しながら、無抵抗で僕の身体の妻に身を任せた。

妻が僕に言う「ちなみに妻は普通のsexに飽きて性別交換剤で、お互いの身体を入れ替えた。」といった。
妻の身体になった自分は何をどうすればいいか分からないから、僕の身体の妻に身を任せるしかなかったのだ。

僕の身体の妻は遠慮なく太くてたくましいペニスを妻の身体の僕の膣に挿入しようとしてるのがわかる。

(あ...入ってきた......)
妻の身体の僕は初めての感触に戸惑いながらも、入ってきたモノの脈動を感じた。
(これでも充分気持ちいいんだけど...)
妻の身体の僕は目を閉じて、快感を感じていた。

僕の身体の妻の腰が動いた。
さらに強い快感が湧き上がってきた。
これ以上快感が強くなったらおかしくなりそうだ。

数秒後、妻の身体の僕は大きな声で喘ぎながら、自ら腰を動かしていた。

いっぽう僕の身体の妻から大量の精液が妻の身体の僕の愛液であふれた膣に中だし射精されるのだった。

女性のセックスがこんなに気持ちいいなんて知らなかった。
このままずっと突かれてたいよぉ。

僕の身体の妻は、「男性のセックスも超気持ちがいいわねえ。」と言った。

このままずっと突いていたいけどやっぱり女性のセックスの快楽のほうがいいから戻ろうと決めた妻でした。

しかし、妻の身体の僕は戻りたくないので、僕の身体の妻と相談して、お互い仕事と家事労働以外はときどき夫婦で、身体を交換して欲しいと妻にお願いしたら、妻は喜んでOKしてくれた。

どうやら妻も男性のセックスも時々でいいからまたしたいと思ってたらしい。







スポンサーサイト
[PR]

【写真アリ】40代からでもペニスは成長する!!成功者続出の結果はコチラから
長さ平均7.5cmcmUP!!実感速度平均5日!!驚異のペニス増大がここにある!!
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。

テーマ : 女子高生動画
ジャンル : アダルト

みるみるムチムチの身体に成長する女子にされた僕。

DLsite記事からの紹介

TSF/入れ替わりのショートストーリー付きCG集です。

強制的に体を入れ替えられた1○歳の男子○学生が強制体験させられる女の子の身体の成長。
戸惑いと倒錯の中でフェロモンムンムンの大人の女性へと変貌していきます。

みるみるムチムチの身体に成長する女子にされた僕。

みるみるムチムチの身体に成長する女子にされた僕。

タイトルのとおり性転換作品が大好きな方にお奨めです。

テーマ : 女子高生動画
ジャンル : アダルト

幼馴染と不良と委員長

幼馴染と不良と委員長

DLsite記事からの紹介


志岐には抑えられない性癖があった。
世話焼きの幼馴染の少女がいるにも関わらず、性的欲求は同級生の男に向けられていた。
志岐は負けん気の強い不良の遊馬、生真面目な委員長の鳴海を挑発。
勝負に勝って、次々と理不尽な欲求を突きつけていく。
遊馬と鳴海は肉体を女に変えられて、志岐の魔の手に翻弄されていくのだった。

男性から女性への性転換を題材にしたオリジナル小説です。
同級生の男が徐々に体を女に変えられていく様を描写しています。
女体化していく体を弄ばれて、女としての服装を強要されます。


幼馴染と不良と委員長

テーマ : 女子高生動画
ジャンル : アダルト

誰もが恐れる不良だったのに、女体化したらヤリマン肉便器にされた俺

誰もが恐れる不良だったのに、女体化したらヤリマン肉便器にされた俺


DLsite記事からの紹介


学園で不良の赤羽洋平は、とある朝、いきなり女性になっていた。
腕力にものをいわせて一匹狼を気取っていたが、女体化したせいで学園最大の不良グループに逆襲される。
不良グループのボスである黒田慶により、女体化した洋平は次々に追いつめられる。
選択肢によって、ヤリマンになったり、肉便器にされたりする。
流されるままに堕ちるのも、女体を駆使して主導権を奪い返し、逆襲するのも選択肢次第!




私個人の感想

性転換作品が大好きな方にお奨めです。

TS好きに人気がありお奨めします。






誰もが恐れる不良だったのに、女体化したらヤリマン肉便器にされた俺

続きを読む

テーマ : エロマンガ・同人誌
ジャンル : アダルト

なりきり女子高生 「短編集」

とある休日。

ピンポーン!

部屋の中に呼び鈴の音が鳴り響くと、

「前田さぁん、

 宅配便でーす」

と言う声がドアの向こうから響き渡る。

「あっはいっ」

その声に俺はディスプレイを向いていた顔を上げて返事をし、

「おっとぉ」

散らかっている部屋を避けながら歩いて玄関にたどり着きくと、

すぐに玄関ドアを開けてみせた。

すると、

「前田…敦「あつし」さんですね」

宅配便の制服姿をした男性配達員が俺の顔を見るなり尋ねてくる。

「はい、そうですか」

その声に俺は返事をすると、

「お届けものです。

 こちらに印鑑をお願いします」

と配達員は品物と伝票を俺に手渡す。

「あっはい」

品物と伝票を受け取った俺はすぐに伝票に判を押し配達員に返すと、

「ありがとうございましたぁ」

の声を残して配達員は去って行った。


「ふふっ」

配達員が去った後、

包みを手にした俺は笑みを浮かべつつパソコンの前へと戻ると、

ガサガサと厳重に梱包されている包みを開けはじめ、

やがてビニールに包まれたあるものが中から出てきた。

N女学園セーラー服…

そうこの手のマニアの間では常に高い評価を受けている一着のセーラー服。

しかも、現役女子高生が卒業後に脱いだものというプレミアムものなのである。

「くくっ

 ついに手に入れたぞ」

落札するまでの壮絶な入札合戦を思い浮かべながら

俺はセーラー服を包んでいるビニールを開くと、

フワッ

まるでついさっきまで女学生が着ていたかのような汗のにおいと共に

ピンク地に可憐な花をあしらったセーラー服が俺の手の中へと落ちてきた。

クンクン

クンクン

早速俺は股間を硬くさせつつセーラー服の匂いを嗅いで見せると、

「ぷはぁ!

 これぞまさしく乙女の汗の匂い。

 うん、女子高生に青春を掛けた女子高生の香りだ。

 もぅこれだけでも十分だよ」

と目を輝かせながら感心し、

早速、パソコンのキーを操作すると、

とあるオークションサイトを開く。

そして、そこの出品者の評価欄にある一覧の”最も良い”にチェックと入れると、

”縁がありましたら次の取引もお願いします”

とコメントを打ち込み書き込みボタンを押してみせる。

「それにしてもこんなすばらしいセーラー服が手に入るなんて、

 出品者は関係者なのかな?」

セーラー服の入手ルートに思いを巡らせながら

俺はセーラー服を大きく広げて改めて確認すると、

いくつかの高校で使われてきたらしく、セーラー服には新品には無い使用感があり、

さらに最後に使われてから直ぐにしまわれたのか、

セーラー服の腰周りには滑り止めのノリが付いていたのであった。

「なるほど…

 ここに乳首が、

 そしてここにはあそこが密着していたのか」

セーラー服の胸と股間のあたりに視線を移しながら

俺はこのセーラー服を身に付け、

学業やスポーツ、

女子高で汗を飛ばし舞った女子高生に思いを馳せる。

そしてセーラー服を眺めているうちにふとある考えが頭の中をよぎった。

それは、

”このセーラー服を着てみたい”

と言う衝動であった。



俺には元々女装の趣味は無い。

このセ-ラー副を手に入れたのも、

現役女子高生が着ていたセーラー服を手に入れたい。

という欲求からであり、

偶然、人気の高いこのセーラー服が入札されていたためにそれに参加したのであった。

でも、いまはなぜかこのセーラー服を着てみたいと思う欲求が

俺の胸のうちで騒いでいるのである。

「まぁいいか…」

俺の口からその言葉が出るのと同時に

俺は着ていた服を脱ぎ始め、

やがて全てを脱いでしまうと

ゴクンっ

生唾を飲みながら恐る恐るセーラー服に足を通しはじめる。

そして、

スルッ

スルッ

両足をセーラー服のスカートに通すと引き上げて見せる。

キュッ!

その途端、セーラー服は俺の股間を静かに覆い隠し、

さらに引き上げられるにつれ俺の体を隠して行く。

そのまま俺は両袖に手を通すと、

ピチッ

セーラー服の上着が俺の体に密着し、

「うっ」

俺はセーラー服に体を覆われる快感と、

胸元で輝く女子高生のマークに股間をさらに硬くしてしまう。

「はぁはぁ

 はぁはぁ」

荒い息をしながら俺は椅子に座り込むと、

そのまま

シュッシュッ

シュッシュッ

っと硬くなった股間を扱きセーラー服の感触を堪能するが、

だが程なくして

チクチク

と胸の乳首辺りで変な感触を感じ始めると、

「あふんっ」

俺は股間を扱くことよりも乳首を弄ることに夢中になってしまった。

「ふんっ

 んっ

 あんっ」

淫らに股を開き俺はセーラー服の上から乳首を弄り続けるが、

弄り続けるうちに、

ムクムクと乳首が大きく膨らみ、

さらに心持ち胸の周りが膨らんできたように感じ始める。

「あんっ、

 気持ち良い…」

いつの間にかプルンと膨らんだ胸を揺らしつつ、

俺は乳首を弄り続けていると、

胸の周りから肌が敏感になり、

次第に股間から突き出す力が消えていくのを感じてきた。

しかし、そんなことは気にせずに俺は乳首を弄り続けているうち、

股間がムズムズ疼きはじめ。

キュッ!

それをいさめるように俺は股間を閉じて見せる。

とそのとき、

「あれ?」

俺は閉じた足に股間のイチモツの感覚が無いことに気が付くと、

「え?

 あれ?

 あれれ?」

太ももをこすり合わせながらその感覚を追い求めるが、

だが、いくら足を動かしてみてもイチモツの感覚は無く、

代わりに

ジワッ

と来る奇妙な感覚を感じたのであった。

「うそっ!」

そのときになって俺はようやく自分の体の異変に気が付くと、

ガバッ

と起き上がり自分の体を見た。

すると、

「こんなことって…」

セーラー服に覆われている俺の体は腰の辺りが括れ、

胸には盛り上がった乳首を頂く左右二つの膨らんでいた。

「え?

 え?

 えぇ?」

揺れる胸に驚きながら俺は股間に手を入れると、

股間にはイチモツの膨らみが消えていて、

代わりに縦に刻まれた溝が走っている。

「なっなにこれぇ!」

体毛が薄くなってムッチリと張り出す太ももを見ながら俺は声を上げるが、

だが、その声は男というより女性を思わせる甲高いものになっていたのであった。

「!!っ

 そんなっ、

 おっ女になっている…」

慌てて口を閉じ、

俺は心の中でそう思うとふと自分の姿を写し出しているガラス窓を見る。

すると、そこにはセーラー服を身に付け、

髪を後ろにまとめたポニーテールの女子高生の姿が映し出されていたのであった。

「えぇぇぇ!」

驚いても遅かった。

唖然としながら俺は女子高生となった自分を見つめていると、

ハラリ

一枚の紙がセーラー服を入れていたビニール袋か落ちていることに気づき、

それを拾い上げて目を通すが、

すぐにその紙が俺の手元から落ちていくと、

「なりきり女子高生って何によっ」

と困惑した口調で呟く。

だが、程なくして

ハッ

あたしは気が付くと、

「あれ?

 なんであたし

 こんなところにいるのかしら…

 やだぁ、

 急いで自宅に戻らないと、

 入学式は明日のなのよっ」

という声を残して急いで部屋から飛び出していったのであった。



『毎度ありがとうございます。

 ”なりきりセーラー服・女子高生”をお届けいたしました。

 このセーラー服を身に着けるますと

 あらかじめ設定した人生を送ることが出来るすばらしいセーラー服です。

 女子高生としての送りくださいますようお祈りしております。

 セーラー服・オークション店』



おわり

続きを読む

テーマ : 女子高生動画
ジャンル : アダルト

同人情報サイト
男性向きの同人情報サイト
プロフィール

0xyz

Author:0xyz
このブログの内容は、強制性転換小説とふたなり小説です。
タイトル通り両方の内容を含めた小説作品です。
コメントはOKです。
当サイトは、性転換作品とふたなり作品の情報を時々発信しますが、気にしないでください。

Ferretアクセス解析
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
ブログ内検索フォーム
ブログジャンキー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンアソシエイト
ピンクテクス
ブックマック集
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
アダルトブログランキング
わたしのブログが好きになったらアダルトブログランキングの投票をお願いします。
アダルトブログランキングへ エロ小説のブログランキングへ
相互リンク
twitter
ブログランキング
ブログセンター
アマゾンショップ
性転換コミックスの興味のある方にお勧めです。
性転換作品の紹介
性転換作品の紹介です。
DiGiket.com
DiGiket.comアフィリエイト
[Norn/Miel/Cybele] の【最強の不良が女体化!ツンデレ俺口調の美少女に!?~馬鹿!中に出す奴があるかっ、俺が妊娠なんてありえねえ!~】
Gyutto検索
Gyutto商品の検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。