FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮気した夫が支払う代償「短編集」

妻篠田麻里子:貴方は私に内緒で浮気したわね。
夫前田敦:ごめんなさい許してくれ。
妻篠田麻里子:だめよ。これを飲みなさい。
夫前田敦:俺は妻の言われた通りに飲んだ。
すると夫婦そろって飲み終えると身体に異変が起きた。
夫前田敦:苦しいぞと言いながら
無駄なく鍛えてあげていた胸板が突然消えると

プルンッ!

その代わりにバストを思わせる膨らみが突き出し

さらに

キュッ!

ウェストは括れると

ムチッ!

ヒップは大きく膨らんでいく。

俺の変化はこれだけではなかった

ミシッ!

肩幅は狭くなり

手足は細く、

覆っていた体毛が消えていくと、

俺の股間から男のシンボルは消え、
縦に彫られた溝が刻まれていく。

そして、それから程なくして、

内股になった腿をピタリと閉じて、

飾り毛が覆う股間と、

たわわに膨らんだバストを俺は隠しながら、

「いやぁぁん、

 女の子になっちゃったぁ」

と俺は叫んでいると、妻の身体も既に男性の姿に変身した跡だった。
妻篠田麻里子:これから一週間お仕置きするからと言った。

あの日から何度膣内に射精(だ)されたのだろう。
 敦子(あつし)は上に乗っている男の姿を眺めながら、ぼんやりと考えた。既に快感とかそんな段階はとっくに突き抜けて、全身を包むのはただ気だるい虚脱感だけだ。
「いい加減にしろよ――篠田(しのだ)」
「まだそんな口を叩けるのか? よぉし……」
 身長165cmの敦子をはるかにしのぐ、180cm 近い長身と65kg を越える体重で彼女を押さえつけている男は、深く挿入したまま腰をゆっくりと回転させる。
「い、いや! それ、やめ……やめろって!」
「可愛い子はそれなりの口のききかたってものがあるんだぜ? 敦子も前は俺にそう言っていただろう」
 込み上げてくる嘔吐感に耐えながら 敦子は精一杯の抵抗をする。だが、体重差があり過ぎる。彼と自分の力の差は歴然だ。
「すごいぞ。 敦子のおまんこの奥、こりこりしている……先が当たって、くそ……も、もう出ちまいそうだ」
「ダメ、もう出さないでくれ。あれが乾いて足が痒いし……」
 言ってから 敦子は、自分の失言に気がついた。
「そうか? じゃあ風呂に行こうか」
「あ、こらぁ! ダメ、それダメって……んっ、はぁぁぁぁっ!」
 正常位から腰の下に手を回され、ぐいと持ち上げられる。逞しい塊が内部でうねり、敦子のポイントを刺激する。
「ほーらほら! 敦子、こういうのに弱いだろ。いいんだぜ、もっと声を上げてさ。もっと敦子の泣く声が聞きたい」
「誰が、泣く、もんかっ!」
 必死で虚勢を張るが、疼きはやがて快感へと変わってゆく。
「いいぜ、いいぜ……敦子のその顔、たまんねぇよ。犯られてるって顔で、ますます固くなっちまうじゃねぇか」
 厚い胸板、太い腕、逞しい胴。そして、日本人離れしたたくましいペニス。
 つい、一週間前まで敦子がそうであった身体を、数段上回る体格だ。
 あんなに愛らしかった篠田が、今は逆に自分を組み敷いている。
「わかったよ。俺が嫌がっても敦子がセックスをし続けた理由がな。確かに……こいつはいい。たまんねぇ……」
 篠田はそう言うと腕に力をこめ、そのままベッドから立ち上がった。
「あ、くあっ!」
「奥まで入るだろ? おい、どうなんだよ」
 男だった時にはよく 篠田に対してしたことがある体位、駅弁だ。嫌がる篠田をもっといじめたくなり、失神するまでそのまま突くこともよくあった。だが、こんどはそれをされる番だ。
「くっ、苦しい! なんか、うくっ! ……やめ、やめてっ!」
「誰がやめるもんか。 敦子の中、良すぎるぜ……他の奴とは比べ物にならないな」
「ほ、他の、って……!」
 敦子の心の中にざわりと蠢くものがある。
「おっ? 嫉妬してくれてるのか? 嬉しいな。そうだぜ、俺は他の女ともセックスしているぜ」
 軽々と敦子を抱き上げた篠田は、彼女を揺さぶりながら風呂場へと歩いてゆく。
「あんまり犯り過ぎると敦子が壊れちまわないか心配でさ。だから他の女で代用しているってわけさ。敦子もそうだっただろう?」
「……」
 そのとおりだ。
 かつて自分が男だった時、可憐な女性だった篠田を壊すまいと、他の女達で有り余る性欲を解消していたのだ。
「しかし、敦子もすっかりしおらしくなっちまったな。ははっ。それとも俺が変わったのか?」
 浮気のお仕置きは一週間。
 そう、妻の篠田は言っていた。

  ◇◆◇

 約束の日は――昨日だった。
 なのに、自分は男になった妻の篠田麻里子に抱かれている。八日間、麻里子が帰宅してからは食事や排泄の時さえも責め続けられている。
「もう一週間経ったのに、男に戻る気配が無いのをおかしいと思わないのか?」
「え?」
 半ば虚脱状態だった意識が、現実に引き戻される。
「そうさ。お前は俺の子を孕んでいるんだよ。妊娠しちまったらゲームオーバーだ。前田敦子はもう、俺の妻として生きるしかないんだ」
「あううっ!」
 妻の篠田の腿が震え、また中に精が放たれる。
 もう届きはしない、無駄な精液。ただ快楽のためだけに流される精液。
「あ……」
 体の中で蠢く不思議な感覚がある。
 敦子は悲しみと悦びが入り交じった涙をこぼした。
 孕まされてしまった。
 しかも、元は妻の『妻』であった人に。
「流産(なが)れちまっても、また孕ませてやる。お前に何人も子供を産ませてやる。これが俺達の……未来ってやつだよ!」
 再び動き始めた篠田に翻弄されながら、敦子はぼんやりと、

(子供の名前、考えなくちゃ……)

 と考えていた。

 夜はまだ、長かった――。

 こうして元妻は元夫を自分の妻にする事に成功したのだった。

浮気で支払う代償は夫としての人生そのものだった。

今思い返せば、妻に浮気がばれたのが原因で、俺の夫の人生を失ったが、妻が得たのは夫の人生で失ったのが妻の人生で何とも皮肉な話だ。

俺は妻として子供三人を生んだ。
その後で夫になる妻篠田麻里子は篠田真理御に名前を変えた、夫婦二人の戸席と住民票も変わった。

<終わり>

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 浮気の代償
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

同人情報サイト
男性向きの同人情報サイト
プロフィール

0xyz

Author:0xyz
このブログの内容は、強制性転換小説とふたなり小説です。
タイトル通り両方の内容を含めた小説作品です。
コメントはOKです。
当サイトは、性転換作品とふたなり作品の情報を時々発信しますが、気にしないでください。

Ferretアクセス解析
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
ブログ内検索フォーム
ブログジャンキー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アマゾンアソシエイト
ピンクテクス
ブックマック集
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
アダルトブログランキング
わたしのブログが好きになったらアダルトブログランキングの投票をお願いします。
アダルトブログランキングへ エロ小説のブログランキングへ
相互リンク
twitter
ブログランキング
ブログセンター
アマゾンショップ
性転換コミックスの興味のある方にお勧めです。
性転換作品の紹介
性転換作品の紹介です。
DiGiket.com
DiGiket.comアフィリエイト
[Norn/Miel/Cybele] の【最強の不良が女体化!ツンデレ俺口調の美少女に!?~馬鹿!中に出す奴があるかっ、俺が妊娠なんてありえねえ!~】
Gyutto検索
Gyutto商品の検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。